残高試算表

試算表には、残高試算表もあります。

合計試算表を作成した時と同じ資料で残高試算表を作成すると以下のようになります。

ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第150回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
日商簿記検定試験 解答速報
本試験問題・解答速報冊子の無料送付、閲覧はこちら
TAC 第150回 日商簿記検定3・2・1級 解答速報
簿記講座【資格の大原】
日商簿記検定試験 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場

残高試算表

まず、記入前の残高試算表はこれです。

残高試算表1

 

 

残高試算表は、各勘定口座の残高を集計して記入します。

その際、各勘定口座の残高が借方にあれば、試算表の借方に、貸方にあれば貸方に金額を記入します。

現金勘定を見てみると、借方合計が3,000、貸方合計が1,000なので、3,000-1,000=2,000で借方の方に残高があります。

よって現金は借方残高2,000なので、残高試算表の現金の借方に2,000と記入します。

他の科目も残高を試算表に記入していきます。

残高試算表2

 

すると、このように残高試算表の借方合計3,000、貸方合計3,000となり、金額が一致していることが確かめられました。

😯 精算表 その1へ進む

精算表 その1 | 簿記検定Web