材料の消費2

日商簿記2級合格のポイントは、ズバリ工業簿記を得意にすること
工業簿記(第4問・第5問)が得点源になれば合格はすぐそこです。
まずは簡単な例題(仕訳問題)を使いながら工業簿記の基本をマスターしていきましょう。
仕訳の方法は3級で勉強したのと同じです。
仕訳と勘定記入のやり方さえ知っていれば、工業簿記の仕訳も簡単にマスターすることができます。

例題を解きながら材料消費時の仕訳を確認していきましょう。

例題

製造指図書#101のために素材800個を消費した。消費単価は1個当たり54円で計算する。

解説

特定の製造指図書のために素材を消費しています。したがって素材(材料)を仕掛品に振り替える処理を行います。

素材➡材料

材料➡資産

素材を消費した➡資産の減少=貸方

@54円×800個=43,200円

(借) 
  (貸) 材 料 43,200

「材料を仕掛品に振り替える」=材料を減らして仕掛品を増やします。

製造中材料➡仕掛品

仕掛品➡資産

仕掛品の増加➡資産の増加=借方

(借) 仕掛品 43,200
  (貸) 

上の2つをまとめると解答となります。

解答

(借) 仕掛品 43,200
  (貸) 材 料 43,200