〔出る順〕で予想する日商簿記1級 商業簿記・会計学

スポンサーリンク

日商1級の商業簿記・会計学は出題範囲が広く論点数が多い科目です。そのため、満点を取ろうとがんばるのではなく、取れる問題を確実に取る=部分点狙いに徹することが重要です。

難易度の高い問題も出題されますが、そうした難問は受験生のほとんどが解けないので気にする必要はありません。

難問に惑わされず、取りこぼしの許されない基本問題を確実に正解して得点を積み上げていけば必ず合格できます。

合格を信じて毎日コツコツ問題を解くトレーニングを続けてください。

ただし実際の試験では、出題範囲を網羅するようにまんべんなく出題されるかといえばそうではなく、過去の本試験の出題傾向から出題されやすい(=よく出る)論点とほとんど出題されない論点があるのも事実です。

出題傾向を知り、出題されやすい論点からつぶしていくことによって、試験本番でも取れる問題を確実に取ることができるようになります。

商業簿記・会計学の出題傾向を出る順にまとめてみたので勉強の優先順位付けの参考にしてみてください。

▼こちらも合わせてお読みください。
問題・答案用紙・詳しい解説つき解答速報(無料)の請求はこちら
簿記講座【資格の大原】
TAC 第145回 日商簿記検定3・2級 解答速報
ひとりじゃない「独学」を実現したTACの独学道場
日商簿記 独学道場
行政書士 独学道場
宅建士 独学道場
スポンサーリンク

商業簿記・出る順

出題形式

商業簿記では総合問題が出題されます。出題形式ごとに分類すると次の表のようになります。

残高試算表形式の問題が7回と一番出題回数が多く、最近の試験でも141回、138回で出題されています。

その他には連結会計が3回、損益計算書、貸借対照表、損益勘定・繰越試算表、本支店会計が各1回ずつ出題されています。

出題形式回数最近の出題
損益計算書1/14143
貸借対照表1/14128
残高試算表7/14141
損益勘定・繰越試算表1/14135
本支店会計1/14137
連結会計3/14134

出題論点

さらに詳しく論点ごとの内訳を見ていきましょう。
毎回のように出題されている棚卸資産の評価、減価償却、有価証券、貸倒引当金の4論点は最優先で対策すべきです。ここを苦手にしたままでは合格が難しくなってしまいます。
また、リース取引、社債、経過勘定、退職給付会計もよく出題されているので、手を抜くことはできません。
さらに余裕がある方は、外貨換算会計、税効果会計、ヘッジ会計、売価還元法、特殊商品売買や資産除去債務、減損会計まで見ておくようにしましょう。

順位論点回数出題確率
01棚卸資産の評価13/14092.9%
01減価償却13/14092.9%
03有価証券12/14085.7%
04貸倒引当金11/14078.6%
05リース取引07/14050.0%
05社債07/14050.0%
07退職給付会計06/14042.9%
07経過勘定06/14042.9%
09税効果会計05/14035.7%
10特殊商品売買04/14028.6%
10剰余金の配当等04/14028.6%
10外貨換算会計04/14028.6%
10ヘッジ会計04/14028.6%
14新株予約権03/14021.4%
14自己株式03/14021.4%
14売価還元法03/14021.4%
14資産除去債務03/14021.4%
18為替予約02/14014.3%
19不動産の流動化01/14007.1%
19減損会計01/14007.1%
19ソフトウェア01/14007.1%
19償却債権取立益01/14007.1%
19長期貸付金の譲渡01/14007.1%

総合問題対策

1級商業簿記で出題される総合問題対策としては、税理士簿記論用の総合問題の解き方が解説されているこの本がおすすめです。たくさんの問題を手早く処理していくためのテクニックを学ぶことができます。

会計学・出る順

計算問題

株式交換・株式移転、社債や減損会計、減価償却、資産除去債務という有形固定資産会計の論点、さらに会計上の変更・誤謬の訂正がよく出題されています。これらの問題を中心に対策を立てておくといいでしょう。
141回検定試験では小問の一つとして連結損益計算書が出題されました。日商1級では連結がらみの問題がよく出題されているので、140回の連結キャッシュ・フロー計算書、138回の連結包括利益計算書と合わせて、しっかり対策をしておくべき問題といえます。
会計学は出題傾向と呼べるものがなく対策を立てづらいですが、最低限過去問で出題された問題はできるようにしておくべきでしょう。

順位論点回数最近の出題
1株式交換・株式移転3/14141、137
1減損会計3/14135
3社債2/14131
3減価償却2/14134
3資産除去債務2/14137
3会計上の変更・誤謬の訂正2/14138
3有価証券2/14141、132
8税効果会計1/14123
8ソフトウェア1/14126
8受取手形の利息の認識1/14128
8外貨換算会計1/14128
8事業分離1/14134
8リース会計1/14135
8連結包括利益計算書1/14138
8連結キャッシュ・フロー計算書1/14140
8連結損益計算書1/14141
8分配可能額1/14140
8工事契約1/14143
8連結会計(在外子会社)1/14143

スケジュール

商業簿記・会計学は範囲が広いので、優先順位の高い論点から毎日少しずつ継続して勉強していきましょう。

科目の特性から論点ごとに別々に勉強することができるため、細切れ時間も使って進めていくのがいいと思います。

▼連結対策についてはこちら
日商簿記1級 連結会計を得意にする勉強法

▼日商簿記1級おすすめの過去問題集
よくわかる簿記シリーズ ’16年6月検定対策 合格するための過去問題集 日商簿記1級

▼Amazon、楽天ブックスはこちら

合格するための過去問題集 日商簿記1級 ’16年6月検定対策

日商簿記1級 過去問題集 2016年6月対策用

商業簿記・会計学を究めるウラ技

もし今受験に専念できる状況で時間がとれるため、もっと商業簿記・会計学を究めたいという方には、LECの公認会計士講座をおすすめします。授業を担当される渡辺克己先生の授業は、パワーポイントで作られた図表を交えて解説が行われるので、非常にわかりやすい内容となっています。

▼講座情報の詳細はこちらからご確認ください。

2016年12月向け短答特別講座 財務会計論(簿記) 【通信】